窒化・軟窒化技術用語辞典

HOT LINE UP

ラミーレオロジー粘度計

レオシス社 メルリンVR
回転式レオメーター

ラミーレオロジー粘度計

ラミーレオロジー粘度計

ブルックフィールドテクスチャーアナライザー

ブルックフィールド
テクスチャーアナライザー

セコニック振動粘度計

セコニック振動粘度計

ユーロサイエンス恒温槽

ユーロサイエンス恒温槽

ヘラー社製 リフローシステム マーク5

ヘラー社製 リフロー
システム 「マーク5シリーズ」

ヤマハ光学外観検査装置YSi-12

高速・高精度・
ハイブリッド 光学外観検査装置
モデルYSi-12

 

HOT LINE UP

エネルギー管理用排ガス分析計

ガス燃焼式熱風発生装置 スタンダード・エア・ヒーター

エネルギー管理用排ガス分析計

化合物層厚さシミュレーションソフトウェア分析計

高性能低空気比空気加熱用バーナ

高性能低空気比空気加熱用バーナ

高速ジェット工業炉バーナ

高速ジェット工業炉バーナ

窒化処理総合計測・制御システム

窒化処理総合計測・制御
システム

窒化シミュレーション

窒化シミュレーション

エネルギー管理用排ガス分析計

エネルギー管理用排ガス
分析計

LAH 低差圧エアヒート

 

dバーナ 平面火炎形状を持つバーナの代表的な機種です。弾頭頭部の熱処理をするために開発されたバーナで、全ての運動エネルギーは火炎の旋廻力に変換されるように設計されているので、バーナより出ると囲む炉壁に張り付いたような薄い円形状の火炎を形成します。したがって、壁に張り付いた火炎は輻射を出し、それによって熱の伝達をおこなうので、炉体の設計は主に輻射型加熱の設計をします。また、前方方向の火炎がないことから、スペースの少ない直接加熱炉、熱交換器による間接加熱炉やレトルト炉などに使用できます。また、輻射型伝熱なので高温の用途に適しています。

類別形式


混合方式:ノズルミックス

燃料種


気体:LPG、LNG、都市ガス、COG、その他

用途


溶解保持炉、レトルト炉、その他間接炉、短い火炎を好む直接加熱炉など

機種構成


サイズは9種。各サイズにはバーナ本体と空気設定用バタフライ弁、ならびにガスコックと流量設定用ガスバタフライ弁のついたコンプリート形式、バーナ本体だけのベーシック形式があります。
燃焼ブロックはバーナ本体オーダー時に同時にご発注ください。
ブロックの形式は使用温度と取付け方(天井吊、横置き)から選択します。

燃焼容量と主な設計データ

バーナサイズ L-52 H-52 83 84 104 125 166 248 3212
最小/最大燃焼量
Kw
1.7/19 2.9/26 10/81 16/134 24/206 28/302 86/603 116/927 182/1381
近似火炎径m 0.25 0.36 1.1 1.3 1.3 1.4 1.7 2.3 3.4
近似火炎長
(前方) m
0.05 0.05 0.05 0.08 0.08 0.1 0.15 0.15 0.18
隣接バーナ
最小間隔m
0.33 0.33 0.41 0.41 0.46 0.46 0.51 0.56 0.64
処理物-炉壁管
最小距離
0.18 0.18 0.18 0.2 0.2 0.2 0.25 0.25 0.28

注)

  1. 最大燃焼量を得るために必要なバーナ入口での空気圧は、7kPa、ガス圧力は248DSFで1.2kPa,その他のサイズで1kPaです。
  2. 点火はブラストパイロットを使用し、火炎監視には、フレームロッドまたは紫外線スキャナーを使用してください。