窒化・軟窒化技術用語辞典

HOT LINE UP

ラミーレオロジー粘度計

レオシス社 メルリンVR
回転式レオメーター

ラミーレオロジー粘度計

ラミーレオロジー粘度計

ブルックフィールドテクスチャーアナライザー

ブルックフィールド
テクスチャーアナライザー

セコニック振動粘度計

セコニック振動粘度計

ユーロサイエンス恒温槽

ユーロサイエンス恒温槽

ヘラー社製 リフローシステム マーク5

ヘラー社製 リフロー
システム 「マーク5シリーズ」

ヤマハ光学外観検査装置YSi-12

高速・高精度・
ハイブリッド 光学外観検査装置
モデルYSi-12

 

HOT LINE UP

エネルギー管理用排ガス分析計

ガス燃焼式熱風発生装置 スタンダード・エア・ヒーター

エネルギー管理用排ガス分析計

化合物層厚さシミュレーションソフトウェア分析計

高性能低空気比空気加熱用バーナ

高性能低空気比空気加熱用バーナ

高速ジェット工業炉バーナ

高速ジェット工業炉バーナ

窒化処理総合計測・制御システム

窒化処理総合計測・制御
システム

窒化シミュレーション

窒化シミュレーション

エネルギー管理用排ガス分析計

エネルギー管理用排ガス
分析計

ブルックフィールド ”TC”シリーズ デジタル恒温循環槽

 

温度範囲-20℃から200℃ 優れた温度制御と安定性

このシリーズは特にブルックフィールド粘度計/レオメーター及びこれらのアクセサリーとの組合せが便利なように設計されています。これらの恒温槽は、粘度計校正用の600mlビーカーをはじめ、各種のサンプル容器の温度を制御します。恒温槽は電子的に制御されデジタル表示で恒温槽の温度設定と実際の温度を表示します。

モデルTC-502P
モデルTC-202D
TC-502P冷却付恒温槽は、プログラマブルコントローラーが付属し、スタンドアロンモードやブルックフィールド・レオカクルソフトウエアを使用してパソコンによって完全な自動制御が可能です。  

特徴

 

測定範囲

 

  TC-602冷却付恒温槽 TC-502冷却付恒温槽 TC-202恒温槽
  • スタンドアロンで加熱・冷却一体型。
  • -20℃から200℃(TC-602P)まで制御。
  • プログラム型(TC-602P)は、サンプル温度制御を自動化。
  • コンパクトな小設置スペース型。
  • スタンドアロンで加熱・冷却一体型。
  • -20℃から200℃(TC-502P)まで制御。
  • プログラム型(TC-502P)は、サンプル温度制御を自動化。
  • 雰囲気温度から150℃までの温度制御。
  • TC-351冷却器連動の場合、-20℃まで制御域拡大。
仕 様
温度範囲

-20℃ ~ +200℃(TC-602P)

 -20℃ ~ +150℃(TC-602D)

-20℃ ~ +200℃(TC-502P)

 -20℃ ~ +150℃(TC-502D)

-20℃* ~ +150℃

   *冷却器(TC-351)使用時

温度安定度 ±0.01℃(TC-602P)

±0.05℃(TC-602D)

±0.01℃(TC-502P)

±0.05℃(TC-502D)

±0.01℃(TC-202P)

 ±0.05℃(TC-202D)

液容量 6 L 6 L 10 L
作業領域
(DxWxH)
 13.3 x 13.3 x 14.0 cm  13.3 x 13.3 x 14.0 cm  13.3 x 21.6 x 19.7 cm
外形寸法
(DxWxH)
 40.0 x 21.0 x 57.2 cm  40.0 x 47.6 x 43.2 cm  39.4 x 27.6 x 37.5 cm

*温度安定度は、液体の種類、断熱性などの条件により変化します。

温度制御された媒体(水、グリコール、エタノール)が外部にも循環できますので、ブルックフィールド・アクセサリー(少量サンプルアダプター、ULアダプター)やコーン/プレート粘度計のジャケット付チャンバーに接続してサンプルの温度制御ができます。