窒化・軟窒化技術用語辞典

HOT LINE UP

ラミーレオロジー粘度計

レオシス社 メルリンVR
回転式レオメーター

ラミーレオロジー粘度計

ラミーレオロジー粘度計

ブルックフィールドテクスチャーアナライザー

ブルックフィールド
テクスチャーアナライザー

セコニック振動粘度計

セコニック振動粘度計

ユーロサイエンス恒温槽

ユーロサイエンス恒温槽

ヘラー社製 リフローシステム マーク5

ヘラー社製 リフロー
システム 「マーク5シリーズ」

ヤマハ光学外観検査装置YSi-12

高速・高精度・
ハイブリッド 光学外観検査装置
モデルYSi-12

 

HOT LINE UP

エネルギー管理用排ガス分析計

ガス燃焼式熱風発生装置 スタンダード・エア・ヒーター

エネルギー管理用排ガス分析計

化合物層厚さシミュレーションソフトウェア分析計

高性能低空気比空気加熱用バーナ

高性能低空気比空気加熱用バーナ

高速ジェット工業炉バーナ

高速ジェット工業炉バーナ

窒化処理総合計測・制御システム

窒化処理総合計測・制御
システム

窒化シミュレーション

窒化シミュレーション

エネルギー管理用排ガス分析計

エネルギー管理用排ガス
分析計

ブルックフィールド ヘリパススタンド

 

ゲル、ペースト及び非流動性物質の粘度/稠度測定を可能にします。

適切なブルックフィールド粘度計に専用T字形スピンドルを取り付けてヘリパススタンドを利用しますと、ペースト、パテ、クリーム、ゼラチン、ワックスなどやそれらと同様の特性を持った物質の粘度/稠度を相対mPa・s値で測定することができます。

写真はヘリパススタンドとDV-ⅠPrime です。 ヘリパススタンドはブルックフィールド粘度計のどのモデルでも使用できます。付属品としてT字型バー・スピンドル6本1組と特殊カップリングがついています。

特徴

多くの物質はそれぞれの降伏値特性を持っているために、以前は回転式粘度計で粘度とか稠度を測定することは不適切であると考えられていました。いずれの回転部分も、その形状が円筒形であれ、円盤形であれ、あるいは櫂状であっても、物質中に”溝状の通り道”を形成してしまって、ごく短い時間のうちにどのような検出装置にもごく僅かの、意味のないトルクしか検出されなくなります。この現象はゲル構造をもつ物質にも起こります。
ペンキ顔料、リトグラフ用インクや他の多くの物質は、内部剪断を受けますと、構造破壊が起こって粘度は減少するというチクソトロピー性を持っています。どの回転部分もこのような物質中で自由に回転するということにはなりませんが、しかし、この回転運動を生ずるのに必要なトルクは、内部剪断のかかる時間が長くなればなるほど、小さくなります。このようなデータについて研究することで、製品の品質管理上の難しさが分かり、しっかりした試験手順を定めておくことが必要になることが分かります。
他の物質に、特にペーストとかクリームなどは上述の2種類の効果を組み合わせた現象を呈します。つまりこれらの物質は降伏値を呈する以外に時間の経過と共に相対粘度/稠度が変化するという様相を呈します。
ブルックフィールド・ヘリパススタンドは、ブルックフィールド粘度計を上ないし下にゆっくりした速度で移動させますので、回転しながら剪断する部分は試験サンプルの中で、螺旋状の軌跡を描きます。絶えず新しい物質を切り込んでいくことで”溝形成”即ち分断という問題は解消され、有意味な粘度/稠度の測定を行なうことができます。ヘリパススタンドの逆作動能力はさまざまの時間経過後に測定を行なうことを可能にします。

 

 

ヘリパススタンド測定範囲データ

T字形スピンドル使用---アナログ、デジタル粘度計及びレオメータに適用

粘度計モデル及び型式
低粘度 LVT、LVDV-E、LVDV-ⅠPrime LVDV-Ⅱ+Pro LVDV-Ⅲ Ultra
156 ~ 3,120K 156 ~ 9,360K 156 ~ 9,360K
中粘度 RVT、RVDV-E、RVDV-ⅠPrime RVDV-Ⅱ+Pro RVDV-Ⅲ Ultra
2K ~ 20M 2K ~ 100M 2K ~ 100M
中高粘度 HAVT、HADV-E、HADV-ⅠPrime HADV-Ⅱ+Pro HADV-Ⅲ Ultra
4K ~ 40M 4K ~ 200M  4K ~ 200M
高粘度 HBT、HBDV-E、HBDV-ⅠPrime HBDV-Ⅱ+Pro HBDV-Ⅲ Ultra
16K ~ 160M 16K ~ 800M 16K ~ 800M
単位:mPa・s(cP) K=1,000 M=1,000,000