窒化・軟窒化技術用語辞典

HOT LINE UP

ラミーレオロジー粘度計

レオシス社 メルリンVR
回転式レオメーター

ラミーレオロジー粘度計

ラミーレオロジー粘度計

ブルックフィールドテクスチャーアナライザー

ブルックフィールド
テクスチャーアナライザー

セコニック振動粘度計

セコニック振動粘度計

ユーロサイエンス恒温槽

ユーロサイエンス恒温槽

ヘラー社製 リフローシステム マーク5

ヘラー社製 リフロー
システム 「マーク5シリーズ」

ヤマハ光学外観検査装置YSi-12

高速・高精度・
ハイブリッド 光学外観検査装置
モデルYSi-12

 

HOT LINE UP

エネルギー管理用排ガス分析計

ガス燃焼式熱風発生装置 スタンダード・エア・ヒーター

エネルギー管理用排ガス分析計

化合物層厚さシミュレーションソフトウェア分析計

高性能低空気比空気加熱用バーナ

高性能低空気比空気加熱用バーナ

高速ジェット工業炉バーナ

高速ジェット工業炉バーナ

窒化処理総合計測・制御システム

窒化処理総合計測・制御
システム

窒化シミュレーション

窒化シミュレーション

エネルギー管理用排ガス分析計

エネルギー管理用排ガス
分析計

IC アイシーバーナ

 

dバーナ  

概要と特徴

ICバーナは塗装乾燥炉などからの排気中に含まれる有機溶剤や炭化水素の臭気を燃焼酸化するための臭気ガスを酸化反応ができる温度(通常、約750℃)を加えるための直接燃焼脱臭装置専用の助燃用バーナです。
大量の臭気ガスを、脱臭装置内で容易に均一に効率的に加熱できるように、設計されています。また、脱臭装置の長さを脱臭効果のために有効に用いられるように、バーナーの火炎は短炎になるように設計されています。
7種類のサイズを揃えているので、小規模から大規模な脱臭装置までを同じ設計で揃えることができます。

類別形式

類別形式

混合方式:ノズルミックス

燃料種

気体:LPG、LNG、都市ガス、COG、その他

用途

直接燃焼脱臭装置の助燃用

 

使用方法

バーナ本体は、脱臭装置の炉壁に設けた開口部に取り付けます。炉体内部に入る部分には、コーン状の燃焼室が設けられています。このコーンの末端の面に、穴の開いた耐熱の板をもうけて、臭気がバーナコーンに流れるようにします。コーンには多数の穴があり、そこに臭気ガスが、設計の圧力損失(約600Pa)に対応する量だけ通過するように炉体の気流を設計します。通過しなかった臭気はコーンの外周近くに流れるようにして、なるべく臭気がバーナー火炎に接触できるようにします。

機種構成

サイズは7種。各サイズにはバーナー本体とパイロットバーナーが含まれています。

燃焼容量と主な設計データ

容量 136 IC 224 IC 360 IC 500 IC 680 IC 900 IC 1480 IC
最小 Kw 15 25 40 55 75 100 165
最大 Kw 400 650 1050 1450 2000 2600 4300