窒化・軟窒化技術用語辞典

HOT LINE UP

ラミーレオロジー粘度計

レオシス社 メルリンVR
回転式レオメーター

ラミーレオロジー粘度計

ラミーレオロジー粘度計

ブルックフィールドテクスチャーアナライザー

ブルックフィールド
テクスチャーアナライザー

セコニック振動粘度計

セコニック振動粘度計

ユーロサイエンス恒温槽

ユーロサイエンス恒温槽

ヘラー社製 リフローシステム マーク5

ヘラー社製 リフロー
システム 「マーク5シリーズ」

ヤマハ光学外観検査装置YSi-12

高速・高精度・
ハイブリッド 光学外観検査装置
モデルYSi-12

 

HOT LINE UP

エネルギー管理用排ガス分析計

ガス燃焼式熱風発生装置 スタンダード・エア・ヒーター

エネルギー管理用排ガス分析計

化合物層厚さシミュレーションソフトウェア分析計

高性能低空気比空気加熱用バーナ

高性能低空気比空気加熱用バーナ

高速ジェット工業炉バーナ

高速ジェット工業炉バーナ

窒化処理総合計測・制御システム

窒化処理総合計測・制御
システム

窒化シミュレーション

窒化シミュレーション

エネルギー管理用排ガス分析計

エネルギー管理用排ガス
分析計

Kバーナ

 

dバーナ  

概要と特徴

燃焼に必要な全てのコンポーネントを自装したパッケージ型ガス/オイル混焼バーナです。また10%の低空気過剰率、燃焼ガスのCO濃度の低い低エミッションバーナです。バーナの燃焼容量によって、3位置制御か比例制御方式が標準となります。特徴的なエアーダンパー機構で、バーナブロワの消費電力を抑え、また低騒音を可能としています。コントロールモータとエアーダンパーシャフトを直結してリンク機構を排除し、保守点数を最小化するとともに簡単になります。高圧噴霧オイルポンプもモーター直結のダイレクトドライブであるため、動力に無駄がありません(別置きオイルポンプもオプションであります)。低と高燃焼位置の燃焼空気流量は独立して調整が可能で、ハイロー制御も燃焼調整が容易となります。比例制御においてはカムトリム方式も用意されます。バーナは燃焼量及び制御方式により4機種に区分され、各区分内に複数のモデルをもちます。

主な仕様

類別形式

霧化形式:油圧噴霧式
燃焼空気供給方式:強制通風式(ブロワー自装)
アセンブリー形式:パッケージ型
燃料燃焼方式:混焼式
制御方式:3位置(ハイ・ロー)及び比例制御

燃料種

気体:LPG、LNG、都市ガス、COG、消化ガス 他
液体:灯油、アルコール 他

用途

一般燃焼炉、ボイラー、その他

 

機種構成

KG ガス専焼
KL オイル専焼
KLG  ガス/オイル混焼

使用燃料と適合機種
型式 燃料
KG ガス(専焼)
KL 灯油(専焼)
KLG ガス/灯油(混焼)

最大出力範囲

369kw(K13)~4308kw(K145)

 

最大燃焼出力容量と各動力モーターの容量

バーナサイズ 13 17 21 25 30 34 42 54 63 84 105 125 145
オイル流量
m3/h×10-3
34 45 57 68 79 91 114 142 170 227 284 341 397
ガス燃焼量
KW
369 492 615 739 862 985 1231 1539 1846 2462 3077 3693 4308
ブロワ-モーター
kW
0.56 0.56 0.56 0.56 0.56 0.56 1.5 1.5 2.2 3.7 3.7 5.6 7.5
燃焼室圧力 187 187 187 187 249 249 249 498 498 498 740 740 740
重量 kg 204 204 204 227 227 272 272 318 318 499 499 499 499

注)

  1. 燃焼量は海抜600m以下を基準にしています。
  2. ガスは高位発熱量3.7MJ/m3 N比重0.6、油燃料は39MJ/m3 ×103 を基準にしています。